美容は続くよいつまでも

プラセンタ注射・点滴が肌に与える美容効果

お肌のイラスト

プラセンタとは胎盤を指す言葉です。胎盤には胎児が成長するための栄養素や成長因子が豊富に含まれており、摂取することで自然治癒力の向上や若返りなどの効果が期待できます。ヒトや動物の胎盤からエキスを抽出し、注射や点滴によって体内に取り入れるのをプラセンタ療法と言います。
化粧品やサプリメントに用いられているプラセンタは動物由来のものであり、有効成分が高いヒト由来のプラセンタは医療機関でしか扱うことができないのです。

プラセンタ注射・点滴がおすすめとされているのは、シミやくすみといった肌の悩みがある方、エイジングケアをしたい方です。細胞分裂を促すことにより肌のターンオーバーが進み、明るい肌へと導きます。コラーゲンの生成を促進させてハリのある肌へとアプローチする効果も期待できます。プラセンタは更年期障害や肝機能障害の治療目的に1956年から医療現場で用いられるようになりましたが、大きな副作用は報告されずにいるのも特徴です。
しかし、将来未知の血液の病気になる可能性は否定できず、献血をすることもできなくなるので注意が必要です。

注射を受ける女性

プラセンタの注射と点滴は注入できる量に違いがあります。注射の場合は一度に入れる量に限度がありますが、点滴ではそれ以上の量の注入が可能です。所要時間にも差があり、注射は5分程度で終わりますが点滴では30分以上かけてゆっくり注入します。静脈注射をするのなら量が多い点滴の方が効果的ですが、プラセンタは皮下注射を入れる場合が多いです。
皮下注射では注入した薬剤が血管に移行するまでに時間がかかるために、効果の持続時間も長くなります。即効性を求める場合は点滴、持続性を求める場合は注射と使い分けるようにすると良いでしょう。